ロレックス ROLEX オイスターケースの進化


1905年、ドイツ人のハンス・ウィルスドルフがロンドンで創業した、ロレックス社。

先見の明のある創業者ハンス・ウィルスドルフが1926年に完成させたオイスターケースに、今回はスポットを当ててみましょう。

 

オイスターケースとは、ロレックスの腕時計の機構を守る、完全防水型のケースを指します。もともと、イギリスのオイスター社が開発したものですが、その後、オイスター社を傘下におさめたロレックスが完成させ、特許を獲得しました。世界初の、完全防水型腕時計の誕生でした。

 

金属のかたまりをくり抜いた、継ぎ目のないケースに、リューズと裏ブタがねじ込み式になっています。こうすることで、高い密閉性を実現し、ケースの内部に水や埃が入るのを確実に防ぎます。

 

強固な守りも実現しつつ、修理や点検のためには簡単に開けられるようにもなっています。なんと理想的なつくりなのでしょうか。そして、デザインはエレガント。デザイン性も機能性も備えた、すばらしいウォッチの誕生となりました。

oister1

 

そして、このロレックスのオイスターケースを世に知らしめたのは、1927年のできごとでした。

イギリス人で女性スイマーのメルセデス・グライツが、このオイスターウォッチを腕に着け、ドーバー海峡の横断泳に成功したのです。15時間15分もの長い時間、水中にあったロレックスの腕時計は、最後まで正確に時を刻み続けました。

 

ロレックス社はこのできごとを、新聞一面広告で発表し、オイスターケースの防水性能の確かさを証明したのでした。そして、ロレックスの名も知らしめることとなりました。

 

 

このオイスターケース、当初は丸みを帯びた正方形で、「クッション」と呼ばれるデザインでした。やがて、上下の辺がまっすぐになった樽型に流行が移りました。「小さな卵」とも呼ばれていました。ケースの材質は、シルバー、ホワイトメタル、クロームが使用されたものがほとんどでした。

 

また、当初は革ベルトが用いられていたオイスターケースですが、1930年代になると、ブレスレットタイプのものも登場します。ギザギザの刻みのあるベゼルは、1940年代に登場します。

submariner

やがて、ロレックス社は技術を発展させ、世界初の100m防水の腕時計を発表します。「サブマリーナ」です。ところがそれでは飽き足らず、次は300m防水の「サブマリーナ・オイスター・パーペチュアル・デイト」、水深610m防水対応の「シー・ドゥエラー」シリーズ2000と、続々、進化させていきました。

 

このシー・ドゥエラー2000は、ケースの中にヘリウムガスを備え、水面上昇時の減圧に耐えられる仕組みになっています。この仕組み、ヘリウム・バルブを備えた新バージョン、水深1220m防水を実現したシー・ドゥエラー4000が、1980年に登場しました。

seadweller

このように進化を続けてきたロレックス。1964年の映画『007 ゴールドフィンガー』で初代ボンドがサブマリーナを着用していたのは有名です。

 

このサブマリーナがそもそも誕生したのは、世界で海洋調査が活発化したことがきっかけでした。現在時刻や潜水時間を水中深くにいても正確に把握できること、水中でもはっきりとダイヤルを読み取ることができることなど、潜水活動に役立つ機能を備えたことで、多くの海洋調査隊に愛用されるようになりました。

 

サブマリーナ2000デイトは60日間の海底作業時に作業員全員に着用されましたし、深海調査潜水艦の外側に取り付けられた特製オイスターケースは、深さ10916mまで沈められましたが、1トン/1平方センチメートルの水圧にもびくともしませんでした。

 

 

この防水性能、現在の市販腕時計では、最低でも水深100mまで、また、ダイバーズウォッチであるロレックス・ディープシーでは水深3900mまで耐えられます。

 

約90年前に完成し、発表されたオイスターケースは、現在でも、基本の仕組みは変わることなく、改良を重ねた形で作られ続けています。次は、いったいどんな進化でわたしたちを驚かせてくれるのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

問い合わせ